住宅価値はこれから下がっていくので持ち家より賃貸がいい

持ち家と賃貸なら賃貸の方がおすすめです。

 

大事なのは、これから先、日本の住宅価値がどのように変化していくかを考えることです。

日本は今、出生率が低く、どんどん若者が減っています。

これから先、何十年と経つと、人口はかなり減少してしまうでしょう。

 

そうなったとき、住宅はかなり余ることが予想されます。

現在でも賃貸では借り手を見つけるのが難しくなってきており、家賃相場が下落しています。

 

そのため、仮に今、中古住宅を購入したとすると、これから先、値段が下がるものを高い値段で購入することになります。

そして、将来、売却しようと思っても、買ったときよりもかなり安い値段で売らなければいけなくなるので、せっかく買った住宅でも資産的価値はほとんどありません。

 

一方、賃貸でずっと過ごせば、年が経つにつれて家賃相場は下落していき、負担は軽くなっていきます。

資産は残りませんが、数十年後には中古住宅の値段は大きく下がっていますから、それほど負担なく持ち家が手に入ります。

 

ある程度、年齢が高くなると賃貸では恥ずかしいという意識が生まれることもありますが、そういう意識もこれから先は変わっていくことが予想されます。

賃貸を選択した方が住宅価値の変化に合わせて家を柔軟に変更できるので賢い、という認識がおそらく広まっていくでしょう。

 

また、今の日本では景気は必ずしも良くないのですから、収入も下がる可能性があります。

住宅ローン返済という重荷を背負うのは本当に正しい選択でしょうか。

 

よほど自分の収入に自信があるか、持ち家が必要な特別な事情でもない限りは賃貸を選択すべきでしょう。