賃貸か持ち家か?人生のステージでその選択肢が変わってくる

yajirusi中立派 (20票/40人)

tyuuritu

私は、生まれてから自立するまでは「持ち家」、就職後は「賃貸マンション」、そしていまは「分譲マンション」と3パターンを経験してきました。

 

私としては最終的には生まれ育った持ち家を改築して住みたいと考えています。

持ち家がいいのか賃貸がいいのかは最終的には個々の事情によるかと思います。

 

我が家の場合、賃貸マンションから分譲マンションに買い替えたのは、最終的に販売することができてそれほど損をしないことが条件でした。

最終的には実家の建て替えをする前提だったからです。

 

分譲マンションの売却益が出ないとしても家賃を支払うよりはコスト的にもメリットがあると考えて購入に踏み切りました。

しかし、何より分譲マンションを購入して思ったのはなんといっても自分に資産があるという安心感です。

 

急にお金が必要になった時に賃貸では担保にもなりません。

分譲マンションであれば、賃貸に住み替える前提で担保に入れることもできるわけですから。

 

しかし、資産をもって、相続時に面倒になるからいやだという場合はこれには当たりません。

要するにいずれにしても個人の事情によるわけです。

それも人生のステージでその選択肢もかわってきます。

 

長期的に何が目的で何がメリット、デメリットかを見極めて賃貸か持ち家かを選択していくことが重要ではないでしょうか。

我が家の場合、次のステージは持ち家のマンションから持ち家の実家の建て替えになります。

ご参考までに・・・