持ち家の支出はローンだけではありません

持ち家を持つか、賃貸物件を借りていく方が良いのかといったお悩みは多くの人が考えるところです。

答えは人それぞれ異なるところではありますので、自分が将来的に後悔しないように納得の行く結論を出すことがなによりも大切です。

妥協して選択をして、後からあっちが良かったと思っても後戻りができない場合もあります。

 

持ち家か賃貸かという選択ですが、私の場合は賃貸の方をおすすめします。

持ち家を購入するとなると、多くの人が長期ローンを組むこととなりますが、この負担が大きすぎるからです。

 

賃貸物件の家賃と同程度ならばローンを組んでしまった方が、のちのち自分のものとなるからお得と考える人もいますが、ローンには金利がかかりますし、固定資産税も別途費用になってきます。

 

この金額を考えると、最終的に支払う金額は賃貸物件の家賃とは大きく差がついてしまいます。

また、そうして何十年間ローンを支払った後に残る持ち家は既に経年により劣化しています。

 

このため、このときにリフォームが必要になることが多く、ローンが終わる頃にまとまった支出が必要になってしまうことも珍しくありません。
賃貸物件は古くなれば引っ越していつでも新しい家に住むことができます。

 

このため、賃貸物件をおすすめしますが、持ち家というのは賃貸にない愛着が湧くものですし、そうした点を重視されるのであれば持ち家も悪い選択ではありません。

中古住宅よりは賃貸の方がおすすめです

中古住宅を購入するのなら、賃貸の方がよいと思います。

住宅を購入すれば固定資産税やその他保険が掛かるのは勿論ですが、中古住宅ですと年数にもよりますが、住み始めて不具合があった場合には、すべて自分たちで修理の費用を負担することになります。

 

結局新築を購入するほどの費用が掛かってしまうこともよくあります。
その点賃貸は修理の必要はなく、ライフスタイルやライフステージに合わせて住み替えができ、土地に縛られないという利点があります。

 

子どもが思いの外増えてしまったけれど、買った家では部屋数が足りないということや、会社が倒産になって、その土地から離れないと条件に合う職場が見つからないということもあるかもしれません。

 

中古住宅なので、建築の時には希望が勿論反映されていないため、もっと自分たちの夢や希望を反映した家に住みたかったと後から後悔することもあるかもしれません。

賃貸ならもし諸事情で生活が苦しくなったときもより安い家賃の賃貸に住み替えが可能なので、しばらくは賃貸に住んだほうがよいと思います。

 

持ち家は家賃を払っているつもりでローンを払い、家も自分のものとすることが出来ますが、やはり修理などの思わぬ高額支出は予想外に発生することですので、ローンの支払いを圧迫しかねません。

もし購入を考えるのならば、賃貸に住みつつ貯蓄を増やして、新築を購入するのがよいと思います。

その間もし広い家に住みたいときは賃貸の一戸建てもあるので、充分快適に過ごすことが出来ると思います。

 

将来はもっと安く住宅を購入できる日が来るかもしれないので、情勢をみながらお金を貯めるのがよいと思います。

 

それでもやはり中古住宅がほしいときは、リホーム住宅がよいかと思います。

不具合は修理してあり、綺麗な状態で販売してもらえるので思わぬ支出はないです。

自分で管理するのが面倒なら賃貸もあり

持ち家と賃貸の差は、所有物になるかどうかの違いというのが最も大きいです。

賃貸の方は何年家賃を払っていても、いつまでも借り物のままですが、家を購入すればそれはその時点で自分の財産となります。

ですから長く住むつもりならば、持ち家の方が手元に残るだけ得ともいえますね。

後から大金が必要になった時にも、家があれば売ってお金をつくることもできます。

 

「家を若いうちに買っておくといい」といわれるのはそのためです。

とはいえ賃貸にも賃貸の、自分のものにはならないということを別の視点から見た、管理を自分でしなくてもいいという利点があります。

 

住居でトラブルが起きたときには、大家さんや管理人さんに対処してもらえるので、難しいことがないのです。

自分で修理会社に依頼したり、権利書とにらめっこしたり、近所トラブルに孤独に対応するということを、回避することが可能です。

 

借りている身分だといっても家賃さえ真面目に払っていれば、大家さんの都合でいきなり追い出されるということもありませんし、安定感はないわけではありません。

十分に設備が整ったところで、至れり尽くせりの状態で暮らす、そう考えれば賃貸も決して悪いものではありません。

 

賃貸であれば、何かあった場合に身軽に引っ越しができるのもいいところですね。

一生住んでいきたい場所があるなら持ち家が一番ですが、そうでなくあちらこちらと住居を変えてみたいのなら、賃貸を選ぶのは大きなメリットになります。

私は断然賃貸派!この先のライフスタイルを考えた家選び

住居を購入するか賃貸にするかという悩みは、多くの人が迷った経験のあることだと思います。

私は断然賃貸派です。

 

それぞれメリットとデメリットがあるとは思いますが、まず費用的な面で見ると購入する場合は一括で購入する場合を除きローンを組むことになり、これは大きな借金でもあります。

この先の仕事の安定や先行きはどんな仕事でも不透明のなか、莫大な金額の借金をすることは大きなリスクではないかと思います。

また、購入費用以外にも維持費として保険料や税金、修繕費等の費用も発生致します。

 

次に環境面ですが、購入の場合はこの先のライフスタイルに合わせて気軽に場所を変えるということが難しくなります。

仕事の転勤や近隣環境の悪化、子どもの学校での事等、この先購入した場所に何十年も住めるのかということはわかりません。

 

賃貸のメリットは、今後の家族構成の変化や仕事や学校に合わせて気軽に住む場所を変化させていけることです。

確かに家賃や駐車場代がかかりますが、それは持家でも同じです。

 

急に会社の給料が下がった、失業した場合でも一時的に安い家賃の所へ引っ越すこともできますし、お金に余裕がでれば新しく広い家へ引っ越すこともできます。

また、購入の場合は月々の支払いがあっても最終的に自分の資産になるということもありますが、支払いを終えたころにどれほどの価値が残っているかもわかりません。

 

そういったことを考え私は現時点では賃貸が良いと考えています。

賃貸での最大のメリットは「柔軟性」

yajirusi賃貸派 (12票/40人)

tintai

賃貸か購入かということを考えるうえで、まず考えてしまうのが「どちらが得か?」ということなのですが、これは思い切って無視しましょう。

なぜなら、これは条件などによって一概にいえるものではなく、どちらが得だといえるものではないからです。

 

購入した場合には、ローンを組んでお金を借りて返済していくにしても、自分のもの、財産となるわけですが、持ち家ならではの出費も固定資産税、修繕費もろもろとあるわけです。

これはあらかじめ計画を立てて計算をしてもどうにも結論の出ないことです。

 

となれば、何をポイントにして考えればいいのか? ということですが、賃貸の最大の魅力は「柔軟性」です。

 

人間、生活していれば生活スタイルがずっと同じとは限りません。

結婚し、出産して子供ができ、いずれ子供も増え、ともすれば親類と同居することになるかもしれません。

働いている方の転勤や、お子さんが少し遠いところに通学するようになるかもしれません。

 

家を購入した場合には、その枠に縛られた状態で生活をしなければなりません。

駅や買い物をする場所へのアクセス、家の大きさ、ご近所づきあい、それらをすべて継続してやっていかないといけないわけです。

 

一方の、賃貸はそうではありません。場合によって引っ越しもできます。

必要に合わせて、大きな部屋、小さな部屋、生活に便利なところ、教育に環境の良いところ、問題のある隣人から遠ざかることも可能です。

そういった自由が最大の魅力なのです。

 

ひるがえって購入する場合の最大の魅力とはなんでしょうか?

それはやはり「持家でしかできないこと」を手に入れることにあります。

 

趣味用の大きなガレージや庭、ペットをたくさん飼うこと、生活音で隣人に気を使いたくない、そういった明確な目的があれば、購入は避けられない選択肢になるでしょう。

持ち家が必ずしも良いとは言えなくなってきていると思います

持ち家と賃貸のどちらが良いかは、夫婦の年齢や家族構成、仕事の関係などによっても、大きく変わってくると思います。

 

夫婦はある程度の高齢で、子供はみな独立して夫婦だけで、終の棲家を求めているなら、持ち家にした方が良いと思います。
賃貸は毎月の家賃があるので、それをずっと払っていくのは大変なことです。

 

まだ、夫婦が若くて子供も一緒に住んでいるのなら、賃貸でも良いのではないでしょうか。
転勤がある可能性があれば、なおさらのことです。

 

中には、若いうちに家を建てたけれども、長期の転勤が決まってしまい、お父さんだけが単身赴任をしているという話を聞いたことがあります。

 

持ち家を持ってしまうと、それに縛られてしまう可能性もあります。
それに住宅ローンは、人生最大の借金と言っても良いと思います。

 

それを抱えながらの夫婦別生活は、子育てを含め、いろいろと大変だと思います。

 

昔は結婚したら家を持つのが当たり前でした。
しかし、日本は自然災害がとても多い国です。

 

いつ何時、自分が住んでいる地域が大きな地震などに逢うかもしれません。
新築したばかりで、ローンもほとんど残っているのに、家は全壊で住めない人や、災害で立ち入り禁止区域になって、自分の家があっても住むことができない人もいます。

たくさんの大きな自然災害を経験したり、見たりしてくると、持ち家の必要性を問い直してしまいます。

自然災害に遭ったり、不意な失業に陥っても、きちんと保障が受けられる住まいであれば、賃貸でも持ち家でもどちらでも良いのではないでしょうか。

住宅価値はこれから下がっていくので持ち家より賃貸がいい

持ち家と賃貸なら賃貸の方がおすすめです。

 

大事なのは、これから先、日本の住宅価値がどのように変化していくかを考えることです。

日本は今、出生率が低く、どんどん若者が減っています。

これから先、何十年と経つと、人口はかなり減少してしまうでしょう。

 

そうなったとき、住宅はかなり余ることが予想されます。

現在でも賃貸では借り手を見つけるのが難しくなってきており、家賃相場が下落しています。

 

そのため、仮に今、中古住宅を購入したとすると、これから先、値段が下がるものを高い値段で購入することになります。

そして、将来、売却しようと思っても、買ったときよりもかなり安い値段で売らなければいけなくなるので、せっかく買った住宅でも資産的価値はほとんどありません。

 

一方、賃貸でずっと過ごせば、年が経つにつれて家賃相場は下落していき、負担は軽くなっていきます。

資産は残りませんが、数十年後には中古住宅の値段は大きく下がっていますから、それほど負担なく持ち家が手に入ります。

 

ある程度、年齢が高くなると賃貸では恥ずかしいという意識が生まれることもありますが、そういう意識もこれから先は変わっていくことが予想されます。

賃貸を選択した方が住宅価値の変化に合わせて家を柔軟に変更できるので賢い、という認識がおそらく広まっていくでしょう。

 

また、今の日本では景気は必ずしも良くないのですから、収入も下がる可能性があります。

住宅ローン返済という重荷を背負うのは本当に正しい選択でしょうか。

 

よほど自分の収入に自信があるか、持ち家が必要な特別な事情でもない限りは賃貸を選択すべきでしょう。

私は住宅を購入しましたが・・・賃貸の気楽さをもう一度味わいたい

自分の直観に従って決めるしかない

 

住宅を購入した場合、ローンはついてきますが、いつかは払い終わって自分たちのものにすることができます。

その、自分たちのものにできた住宅は、いつか子供が住むところがなくなったら帰ってこられる場所にもなりますし、どうしても困った場合には担保として売ることも出来ます。

子供に残せるし、子供は家賃の心配をしなくていいわけです。

 

ただ、メンテナンスは自分たちでしなくてはならないのが面倒です。

たとえばガスコンロが壊れた場合、管理会社に連絡を取って無償で交換してもらえる場合もありますが、購入していた場合は全部自分たちで支払わなくてはいけません。

 

上下左右の住人との関係も大切です。

買ってしまった場合、どんなに隣人が嫌な人でも簡単には身動きが取れません。

ですが、賃貸だったらもう嫌だ!と思ったら身軽に、さっさとそこを引き払うことができるのは魅力です。

最近はそういう騒音で悩まされている友人の話を良く聞くので、賃貸のほうが気楽だと思います。

 

私はインテリアが大好きなので、部屋の中を色々改造したいです。

例えば壁紙を違う色に変えたり、壁に穴を開けたりとかそういうことをしたいです。

 

そういうのを許してくれる賃貸もあるとは思いますが、やはりそういうのは買ったほうが気楽にできます。

中古住宅だったらリフォームをするのは楽しみの一つになると思います。

 

でも、賃貸住宅で好みの物件を見つけるのも楽しみだと思います。

今回はこんな場所でこんな家、と住み替えていける楽しみがあります。

 

私は買ってしまいましたが、賃貸の気楽さをもう一度味わいたい、と思うことはよくあります。

持ち家に住んでいる私が賃貸をお勧めする理由

持ち家は諸々維持費がかかる事を忘れずに

 

借りるか買うかって本当に迷います。

今は家賃が高いのでトータル的に考えると買ってしまった方が将来的にも財産になるしと思うんです・・・買う前は。

 

それに自分のお城って特に男性ならば手に入れたいし庭も造ったり家庭菜園をしたり戸建ての住宅を買うメリットはたくさんあります。

ご近所さんとの繋がりも長年住んでいると確立されてくるので何かあった時は手を差し伸べてくれるそんな人との繋がりも出来て私自身は今の持ち家に満足はしています。

 

ただ最近大きな災害を目にすると住宅が壊れてしまったりするのを見ると賃貸の方が何かあった時には大家さんがいるので自分だけで解決しなくても良いのかもしれないなって思う事が多々あります。

 

それに今ってそんなに土地も財産にならないし手元にお金を思っていた方が安心かもしれないと考え直す事あります。

 

結構持ち家はお金がかかるんです。

年数が経ってくると外壁を直したり屋根を塗り替えたりすると何百万かはかかります。

 

それを何度もすると考えると負担が大きいし、中だって汚れてきたり水回りが古くなってきて直したり目に見えないお金がポンポン出て行きます。

住宅ローンだけではなく諸経費もかかる事を考えて結論を出すべきだと思います。

 

雪国だと隣の家の敷地に雪が落ちてトラブルになったりするので雪対策を考えたり家以外の事も念頭に入れなければなりません。

 

本当に個人的な意見ですが今私が持ち家を持っていなかったら賃貸に住む事を勧めると思います。

持ち家⇒賃貸に変えました!結果は!

妻と長女の3人暮らしです。

わが家は、以前は戸建ての持ち家に住んでいました。

 

しかしながら持家が建って居た地域が再開発地域に指定され引越しを余儀無くされました。

代替に提示された場所は、駅から遠く買い物にも不便な場所しかなく、長女が転校を嫌がったために賃貸マンションに引越しました。

 

持家のときは200平米だったのが、賃貸マンションでは60平米になりました。

困っていても仕方がないので、それを機会に不要な家具や物を思い切って処分しました。

 

ごちゃごちゃしていた家の中がすっきりし良かったです。

コレクションの雑誌のバックナンバーを処分したのは寂しかったですね。

 

家内と娘が喜んだのは賃貸マンションが新築だったことです。

持家は築20年だったので修理が絶え間ありませんでした。

家内に言わせれば、隙間風やミシミシ音がなくなり光熱費が随分と安くなったそうです。

 

私は書斎がなくなったのですが、家族との会話が増えました。

娘は、学校が近くなり喜んででいます。

 

持ち家か賃貸かというのは、住む環境によると思います。

 

私の場合は、狭くなった以外は全て良くなりました。

日当たりも良くなり、狭いベランダですが鉢植を楽しんでいます。

 

また、浴室や台所・エアコンなどの住宅設備が新しくなり快適です。

20年の技術の進歩に驚いています。

 

一方で持家は自分で家を創っていく愉しみがあります。

賃貸は釘を打てないとか、勝手にリフォームできないとかの制限があります。

 

どっちもどっちですが、娘が高校を卒業するまでは、生活環境の便利さを重視して賃貸派でいこうと家内と話しています。