持ち家⇒アパートへ。私の実家の場合。

私は実家が持ち家でした。しかし、父が病気になり母親が頑張ってましたがローンが払えなくなり、競売にかかり実家がなくなりました。

そのため兄弟もみんなアパートで暮らしています。その当時の価格状況もありましたが考えないで家を買った結果がこれです。

それを前提にお話しします。

 

アパートは初期費用だけで安く済むと思います。アパートは賃貸料がもったいないという人もいます。

毎月家賃を払うのであれば購入して払ったほうがいいという人もいます。

ですが、購入するよりもなにかあった時には身動きもとりやすいです。

 

もし、家を買うのであれば目指してる物件の半分くらいお金を貯める、初めに出来るだけ支払う。

支払計画をしていても、病気や退職、介護どこかで計画がうまくいかなくなることもあると思います。

長ーい間支払いを続けるので軌道修正できるくらいの余裕を持っておくことが大事です。

 

そして家を買うときにも登記などで結構お金がかかります。

中古住宅を検討しているとのことですので、一軒家であれば修理などは自分負担です、購入する前にどこか壊れてるとこや修理が必要なところがあるのか確認しておく必要があると思います。
マンションであればローンの他に、修繕積立費や管理費などもあります。

 

ですが、支払いがきちんとできて計画性があれば持ち家がいいと思います。なにしても大丈夫ですし安心感があると思います。

 

家の購入にしてもそれぞれの価値観とライフスタイルがあると思いますので、自分にあった選択をするといいと思います。

持ち家の大きなメリットは資産化

今でももちろんそうですが、一昔前となれば、持ち家を持つということは一生に一度の大きな買い物であったと思うので、単純に持ち家と賃貸のどちらを選択するかということは、その時点で持っていて支払える頭金と月ごとに支払うローン返済額から、単純に割り出せたと思います。

 

しかし、現在は地価の下落やローコスト住宅を実施する会社の増加などにより、月のローン返済が賃貸の家賃並みですむということもあり、持ち家にするか賃貸にするかを悩むケースが増えてきています。

 

まず持ち家にするメリットとして、支払いが完済すれば「自分の資産」になるということでしょう。

 

公的な年金制度をみても、月額の収入が増えることはあり得ないと思うので、その中で家賃を払っていけるかどうかという点が、賃貸には永遠に続く大きな問題点といえます。

では持ち家のローンの支払いが終われば、何の心配もいらないのかというと、持ち家には「固定資産税」や家の補修代などのお金がかかってくる点は頭には入れておく必要があります。

 

しかし賃貸で、住宅ローンと同じ金額を毎月支払ったとしても、それは永遠に自分の物=資産にはならないことは大きいです。

では賃貸には何のメリットもないのかというと、持ち家のように維持費が家賃等に含まれているので、極端な例を除き、自分で維持管理する必要がないということや、子供が生まれた・転勤することになったなどのライフサイクルや生活の変化に、柔軟に対応できるという点があげられると思います。

 

自分の現時点での所持金や今後払い続けるローン等のお金の面や、ライフサイクルによって不都合が生じないかを検討したうえで、問題が無ければ、家賃と同等のローンを支払っていけば、最後には自分の資産になる「持ち家」の購入のほうがメリットが大きいと思われます。

私が持ち家を選ぶ理由

最近では、昔と比べて賃貸で家を借りている人の割合が多くなっている気もします。

賃貸ですと、何かあった時にすぐに引っ越しを出来るので楽という点もあります。

 

しかし先々を見据えるのであれば、持ち家があった方が良いと思います。

やはり長い事住み続けるのであれば、気持ち的にも全然違います。

 

借りている家となると、いつかは引っ越さなければと思うでしょう。

それに比べて持ち家は、安心して住み続ける事が出来るのではないかと思うのです。

 

持ち家を購入するのであれば、年齢的の関係もあるので早い方が良いでしょう。

ローンを組むことが前提となると思うからです。

それなりに貯金があっての購入というのであれば話は少し変わりますが・・。

 

ご夫婦であれば将来、お子さんが居た時を想像されると持ち家の方が気も楽です。

賃貸ですと、家中をそれなりにきれいに扱わなければという考えがよぎると思います。

しかし持ち家であれば、気兼ねなく子供を伸び伸びと育てられる可能性が高いのではないかと思います。

 

そして大人になった我が子が、いつか家を巣立って行ったとしても、自分の帰る家があるというのは、どこか嬉しいものではないでしょうか。

 

家を買うというのは、人生の中で最大の決断をする時です。

持ち家がある事によって、今後の仕事に対する意気込みも変わってくると思います。

 

心安らぐ家を、是非後悔しない様に選んで頂きたいと思います。

持ち家で一番メリットが大きいのは災害が起きた時

メリットが大きいのは持ち家ではないでしょうか

 

持ち家と賃貸のどちらがいいのかというのは一概には言えませんが、私個人的には持ち家がいいと考えます。

 

持ち家の場合、自分の好きなようにインテリアを楽しむ事が出来ますが、賃貸の場合は制約が多いですよね。
絵や写真を壁に飾るのも大変気を使います。

 

それに、庭などに好きな木を植えたりする事も出来ません。

ペットを飼うにも家主の許可がいります。

 

ですが、持ち家の場合はペットを飼えるマンションや一戸建てなら好きに買う事も出来ますし、間取りを変更するのも自由。

 

それに、庭に好きなように木や花を植える事も出来ます。

一番持ち家でメリットが大きいのは災害が起きた時に住むところが確保できるという事です。

 

賃貸の場合は「出て行って下さい」と言われたら出ていかざるを得ません。

住むところが急になくなる可能性があります。

 

それに、持ち家の場合はローンで購入した場合、ローンを払い終えるともう維持費以外のコストはかかりませんが、賃貸の場合には一生払い続けなければいけません。

払い続けた所でそれが自分の物には絶対なりません。

 

ですが、持ち家にもデメリットがあります。

それはローン以外にも固定資産税や維持費がかかるという事。

 

壁の塗りかえやクロスの張替、屋根の葺き替えなどの費用がかかってきます。

税金も価値が0になるまで支払う義務があります。

 

しかし、それを差し引いても私は持ち家の方がメリットが大きいと思いますね。

アパートとマンション両方住んだことがある私は断然持ち家派

持ち家と賃貸でしたら、私は断然持ち家派です。

自分自身はまだ持っていませんが実家はやはり持ち家です。

 

田舎に住んでいるせいもありますが周りでも持ち家の方が多いです。

子供が小学校に上がる前に家を建てる夫婦が大半のようです。

転勤が多い人や都内在住の方ではない限り、私はやはり持ち家をお勧めします。

 

私は一人暮らしの経験があり、アパート、マンション暮らしもどちらも住んだことがありますがそれでも絶対持ち家派なのです。

持ち家のメリットは全部が自分の物ということです。

 

大家さんによってはかなり細かくルールがありますが自分の家でしたら何をしても自由なのです。

これは些細なことですが壁に穴を開けることも出来ます。

そして何より、音に悩まされません。

 

日常生活の音というものは結構響くものです。

大学生の頃にアパート暮らしをしていましたが騒音の関係で注意される子は周りにもたくさんいました。

皆、真面目な子達で友達を数人呼んで食事会程度の集まりだったのですがそれでもアパートの場合はかなり響くようでした。

 

私も同じようなことで注意されたことがあります。

そして、私もうるさいなと思ったことがあるのですが結局言うことはできませんでした。

 

家族ならすぐに注意できますが他人となると、そうは注意できません。

皆、我慢に我慢を重ねてしまうのだと思います。

そのため、騒音問題で事件になったケースもたくさんあります。

 

アパート、マンションはきちんとルールを守ってくれる人達が住んでいるのかどうかが鍵だと思います。

この点はマンションだと、少しはマシなようです。

 

持ち家のデメリットももちろんあります。

例えば、地域の付き合いです。

これは住んでみないと地域によって異なりますので分かりません。

 

共働きの夫婦ですと、大変だという声も聞いたこともあります。

また、田舎の場合は視線を感じることも多いです。

 

ドライな都会の人と違って、干渉されたり、チェックされたりということもあります。

そのようにどちらもメリット・デメリットがあるかと思いますが私は断然持ち家です。

お庭もあるし、のびのびできて最高に楽です。

資産形成と老後のことを考えて、私は持ち家派です

yajirusi持ち家派 (8票/40人)

motiie

私は断然持ち家派です!

将来の財産を考えた際に、賃貸では何も手に入れたことになりません。

毎月7万を払ったとして1年で84万円、10年で840万円、30年で2520万円を捨ててしまった気持ちになってしまいます。

 

転勤族であれば定住は出来ないので仕方が無いとは思いますが、そうでなければ資産形成の一部としてマイホームを構えるのが一番だと思います。

完済すればあとはリフォーム程度の費用で済みますし、ローン途中で手放すにも、人に貸したり売ったりすればいくらかにはなります。

ただし、貸せる・売れる物件であることが条件にはなりますが・・。

 

その時には「いい土地であること」が必要になります。

学校や病院が近いとか、スーパーがあって主婦が困らないとか。

土地代にも関わってくるので財布と相談しながら、買える範囲でいい土地を目指すといいと思います。

 

あと、賃貸で困る点がもう一つ。

私はリハビリ関係の仕事をしていますが、脳卒中や骨折、その他もろもろの病気で自宅退院が難しくなった場合に、「住宅改修」という手段を取ることがかなりよくあります。

 

例えば、手すりをつける・段差を解消する・戸の形状を変えるなどがよく見られる例です。

この時に、賃貸であることが大きな障害となってきます。

つまり、大家さんから「ダメ!」と言われてしまうということです。

 

たった手すり一本取り付けられなかったせいで、自宅での生活が非常に難しくなったり、極端なことを言えば施設入所に方向転換しなければならないときもあります。

改修しなくても置き型の福祉用具でどうにかなるときもありますが、ならないときもあります。

ずっと家族と過ごしたい私は、迷わず持ち家派です。

老後を考えると持ち家の方がいいこと多い

一見すると賃貸の方が安く済むことが可能ですが、それによってデメリットというものも幾つか生まれてきます。

実は賃貸は色々な審査の影響を受けやすく、信用されないという問題があります。

 

安く済むことが出来るというメリットこそありますが、クレジットカードの審査やカードローン等で落とされることもあるのです。

また家賃を支払い続けるというのは、将来的に厳しいこともありますので、支払える金額かどうかを考えていかなければならない問題も出てきます。

 

一方で持ち家は支払う金額があまり高くないので安心できます。

クレジットカード等の審査でも有効であり、しっかりとした家に住んでいることはかなり大きなポイントです。

 

また最終的に支払う金額が安くなるケースもありますし、持ち家自体は住宅ローンを利用することができますので、あまりお金を持っていない方でも手にすることができます。

中古の物件であればそれなりに安くてきれいな所も沢山あるので、そこそこ良い物件を手にすることもできるでしょう。

 

最初のうちは賃貸の方が圧倒的に安いことも事実ですが、後から持ち家の方が良かったなと思えることが沢山あります。

 

特に老後のことを考えていくと、賃貸よりも持ち家の方がいいことも多いです。

将来的に家賃を支払えるのかどうかを考えていくと、不安も結構強くなるかもしれません。

 

持ち家なら今はお金が厳しいですが、将来的には安心感が生まれてきます。

自由にリノベーション!個人的には持ち家を推したいと思います

自分が今まで賃貸をほとんど利用した事がないせいか、賃貸にあまり思い入れがありません。

ただ、賃貸の場合ですと、住み替えが簡単だったりというメリットもあると思います。

 

若い間は、賃貸でもずっと家賃を支払っていけると思いますが、老後の事を考えると中古物件を購入して住む方が経済的にも安心できるのではないかと思います。

購入してしまえば、資産となりますし、購入の際も自由に物件を選ぶ事ができておまけに中古ならば価格も手頃なのではないでしょうか。

 

我が家も中古物件を購入して、生活をしていますので、家賃などを支払っていません。

購入して自分のものになれば、自由に自分好みの家にリノベーションできるという可能性がありますので、おすすめだと思いますよ。

あと、購入の際に住居環境や近所にどんな人達が住んでいるのかの事前調査を軽くしておくと、後々困る事がないかもしれません。

お店などがあるかどうかの利便性も大事ですね。

 

私の知り合いで、中古物件をリノベーションして住んでいる人達がいますが、とても自由に楽しく過ごしていますよ。

賃貸と違って密集していないので、少しくらい騒いでも大丈夫なところもメリットだと思います。

 

最終的なご判断は、自分達でした方が良いと思いますが、個人的には持ち家派ですね。

コスト面以外の事も視野に入れて考えてみては、いかがかと思います。

少しでもご参考になれば嬉しく思います。