どうしたら不動産をなるべく高く売れるのか?

様々な事情により、今の住居からの引越しをせざるおえなくなっても、どうやって不動産を売却していいのかなんて事は、中々分かりませんよね?

 

もちろん、売るからにはなるべく高く売りたい。

ここでは、不動産をなるべく高く売却する流れを簡単に説明したいと思います。

 

まず、物件のおおよその相場を把握しておきましょう。
最終的には不動産業者に依頼することになりますが、売価交渉をするにあたり自分でも相場は把握しておいた方が交渉が有利に進められるかと思います。

 

情報の収集方法としては、インターネットサイトには幾つかの無料簡易見積もりサイトがあるので、これらを利用する方法もあります。
こういった見積もりサイトは複数の業者が見積り金額を提示するので、参考になるかと思います。

 

面倒であれば、近隣の住宅物件に関する広告チラシや、不動産業者の店頭に貼ってある広告等を見るのも参考になるでしょう。

 

次に、売却方法を決めます。
一つ目の方法は、「買取」。
これは不動産業者に直接買い取ってもらう方法です。

 

取引完了までの時間は後に説明する「仲介」より早く決着しますが、売価は仲介よりも低くなるのが一般的です。
もし、急いで売却する必要がないのであれば、もう一つの売却方法である「仲介」という方法で売却した方が、高く売れるはずです。

 

これは、不動産業者に買い手を探してもらい売却する方法です。買い手が現れるまでは売却できませんが、自分の納得できる価格で売却できるかと思います。

 

また、仲介依頼の方法には、一社の不動産業者に依頼する、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」と複数の不動産業者に仲介を依頼する、「一般媒介契約」があります。

 

前者の契約の場合、売買契約が成立すれば、依頼された業者には必ず仲介手数料が入りますが、後者の場合、せっかく広告費を掛けて買い手を探しても、他の業者の仲介により取引が成立してしまったら、仲介手数料が入ってこないので、やはり力の入れ具合が違ってくるようです。

 

どちらの契約方法を選ぶかは諸事情を鑑みて熟考された方がよいでしょう。
売価交渉の後、仲介業者が決まったら、不動産業者から登記簿謄本等必要な書類の提出依頼があるので、用意します。

 

最終的に買い手が見つかれば売買契約となります。不動産売却の一番のポイントは、「しっかりした、よい不動産業者を選ぶこと」ですので、業者は是非、慎重に選んでください。

引越しで不動産を手放す際に損をしない売り方のポイント

戸建ての家を持っていても何らかの理由で引越しを余儀なくされるケースというのは少なくありません。
そんな時は持ち家を売却して引越しをする事がほとんどだと思います。

 

しかし、家の売却などそうそう経験があるものではありません。
友人や親戚に尋ねても経験談を聞けないことも多いでしょう。
売却時に損をしないために売り方の重要なポイントをおさえましょう。

 

■売却方法は大きく分けて2つ

 

実は不動産の売却方法は2つあります。
1つ目は不動産屋が購入者を探して仲介してくれる方法です。
2つ目は不動産屋自体が買い取ってくれる方法です。

 

不動産屋が買い取ってくれる場合には早ければ2週間程度で売却が完了します。
その代わりに買取価格は比較的低めになってしまう傾向があります。

 

買い取った物件は売らなければ利益にならないためリスクを抑える意味でも高額買取は難しいという背景があります。

 

一方で仲介の場合は不動産屋はリスクがないため少額の仲介手数料だけで済ませる事ができるのです。
ただし、買い手を探すのに時間がかかる傾向があり半年程度かかる事も多いでしょう。

 

■どちらの方法で売れば良いのか

 

引越しなどで計画的に売却を出来る場合には仲介をしてもらうようにしましょう。
時間に余裕があれば間違いなく買取よりも高額で販売できます。
どうしても急いでお金が必要なケース以外では買取を選ぶべきではありません。

 

実際にいくらで売れるか、いつ売れるかというのはタイミングに左右されやすいため一概には言えません。
引越しの予定が決まったら早めに行動をした方が良いでしょう。

空き家の簡単な活用法

空き家として持っておくのは一番いけないことです。

不動産には固定資産税という税金が掛かってきます。

これは、住んでいるかどうか、誰かに貸したりして使っているかどうかを問わず課せられます。

空き家というのは一番もったいない状態です。

 

売却するのも、賃貸業に使うのも手続きが面倒と思っている方もいるかと思いますが、そういった方は子供に貸してみましょう。

メリットがいくつもあります。

 

まず、タダで貸しても贈与扱いにならないこと。

他人に対してタダで貸すとなると、贈与をしたものとみなされますが、子供であればそのようには扱われません。

加えて、相続税を課税される際、有利に働きます。

小規模宅地等の特例という制度をご存知でしょうか。

 

この制度は、被相続人が居住のために使っていた宅地についての評価額を大幅に減額するという制度です。

なんと最大で80%も減額されます。

被相続人の”とは書きましたが、実際は被相続人が生計を一にする親族に無償で貸し、その者が居住のために使っていた宅地も含まれます。

 

そのため、生計を一にする子供に無償で空き家と土地を貸せば、この制度の適用を受けることができます。

なお、無償とは言っても、固定資産税相当額をもらうくらいなら問題にはなりません。

子供に貸しても固定資産税は発生するので、それくらいはもらっても構いません。

 

とにかく一番いけないのは空き家のまま保有しておくことです。

売るのも、賃貸業に使うも良いです。

 

面倒なら子供に貸すのでも良いです。とにかく、そのまま保有しておくことだけは止めておきましょう。