儲かる?損する?ライトコインの将来性

ライトコインはビットコインのソースを改良することで誕生した仮想通貨の一つです。その特徴としては、発行量がどの仮想通貨よりも多いことが挙げられます。
また、ライトコイン以外にも様々な仮想通貨が流通しており、どの通貨が将来性があるのでしょうか。

 

本家本元のビットコインは佐伯ビックカメラなどでも取り扱い瓦解したように国内外の大手企業が扱い始めました。このことから、仮想通貨の価値が非常に認知されてきていると言えます。

 

ではライトコインの将来性はどうでしょうか。
ライトコインはビットコインとほとんど同じ特徴を持っています。しかし、ビットコインが1枚あり非常に価値が高い一方で、ライトコインは1枚あたりの価値は低いが、発行量がたくさんあるという特徴を持っています。そのため、ビットコインよりも普段の日常使いにおいて使いやすい仮想通貨だと言えます。

 

また、ライトコインは現在仮想通貨の時価総額4位の仮想通貨です。
今後、仮想通貨市場はさらなる盛り上がりを見せると期待されています。そのため、ライトコインも仮想通貨市場全体の流れに乗り、通貨の価値が上昇すると考えられています。

 

また、仮想通貨には相場の波があります。
例えば、発行量が半減する半減期というものが仮想通貨にはあり、それで発行枚数をコントロールしています。この半減期が近くなると、翌年から仮想通貨の発行量が減り、1枚あたりの価値が上がるため、仮想通貨の相場が上がるという法則があります。

 

このように仮想通貨には仮想通貨の法則があります。

新たに岡山県に住まうならやはり南部瀬戸内エリアに絞って

山陽地方でも広島県と並んで気候も風土も穏やかで、一般的には暮らし易い条件が揃っているとも言える岡山県。

ただその経済活動やそれに伴う人や物の移動は圧倒的に南部の瀬戸内海に沿った平野部エリアに偏っているのが現状であり、新たに岡山県に住まいを確保したい場合においても、日々の生活や交通面における利便性に優れたそれらのエリア内からロケーションを選ぶのがベストに違いありません。

 

具体的には県庁所在地で最も市街地が発展した岡山市周辺からJR山陽本線、あるいは国道2号に沿って東西に発展する各都市やベッドタウンがその候補として挙がってくるでしょう。

 

歴史ある街並みが上質感を漂わせる倉敷市は治安も良く、最近になって大規模ショッピングモールが幾つも進出する等生活利便性も大きく向上しつつあり注目。

また高梁川を挟んで市の西方に位置する新倉敷エリアは、山陽新幹線の新倉敷駅があり出張にも便利な他、整然と整備された駅中心街には様々な商店やサービスが集中しており、こちらも生活の拠点として大きな利便性を発揮してくれる筈です。

 

また県東部の赤穂市も岡山市中心部だけでなく姫路を始め兵庫県方面への通勤アクセス利便性を確保している上、瀬戸内海に面したエリアにはレジャースポットもあってオフを充実させる事が出来るでしょう。

 

ちなみに県内で最も発展し生活利便性も高い岡山市内であれば、現在新たに住宅街の開発が進み周辺の自然環境にも恵まれた東岡山駅周辺エリアが落ち着いた生活を営めるでしょう。

一人暮らしでのアパート探しのポイント

東京で一人暮らしをすることになったら、新生活に対する期待もある反面、不安を感じてしまう面もあるのでしょうか。安心して暮らせる物件を見つけるコツを押さえて、賢く物件探しをしましょう。

 

物件探しでは、できる限り現地で内見をするのがいちばんですが、なかなかその余裕がないという場合もあると思います。そんな時に参考になるのが、物件の写真や動画です。最近では、部屋をパノラマ撮影した動画をアップしている会社もあり、どんな部屋なのかがリアルに分かりやすくなっています。提供されている情報を上手に生かして、物件選びの参考にして下さいね。

 

住居そのものの住み心地の良さに加えて、周辺環境の情報もしっかり確認して物件を選ぶと、新しい生活を充実したものにできます。一人暮らしで近隣にあると便利なのが、コンビニや営業時間の長いスーパーマーケットです。また、一人でも入りやすい定食屋、カフェなどの有無も確認しておくと良いでしょう。医療機関や薬局も近くにあると、いざという時に安心です。

 

もうひとつチェックしておきたいのが、最寄駅から物件までの所要時間です。不動産会社の物件情報には「○○駅から徒歩○分」と情報が記載されていますが、女性の歩く速度では、記載している時間よりも時間が必要なこともあります。駅から近いと思って物件を決めたのに、住み始めたら、思いのほか時間が掛かってしまった、ということがないように、事前にしっかり確認してから決めましょう。

新潟市内なら、越後線沿線の青山・小針付近がおススメ

初めて新潟に住むなら、やはり県庁所在地の新潟市がよいでしょう。新潟市は、北陸・甲信越での住みたい街ランキングでも上位に入っている街です。
新潟駅周辺には、三越や伊勢丹といったデパートや、大手家電量販店、ドンキホーテなどがあって便利な一方で、都心を少し離れると海も山もあって豊かな自然に触れることができます。

 

新潟市内に住むなら、一番利便性が高いのは、新潟駅がある中央区です。新潟駅周辺にもマンションが多く、徒歩圏内で物件を探すことも可能です。新潟は車がないと生活が不便なので、車の運転をしないなら、駅チカの物件を探した方が何かと便利です。

 

中央区は便利な反面、家賃相場も高いので、予算を抑えるなら、中央区のお隣の西区、JR越後線の沿線の青山、小針付近がおススメです。越後線沿線は海が近く、海まで自転車で行くことができます。(日本海は綺麗ですよ!)

 

青山駅周辺は住宅街でお店の数は決して多くはありませんが、イオンのショッピングセンターがあるのが大きなメリットです。新潟駅までも15分とかからなし、コンビニはいくつかあるので日常的にはそれほど不便を感じないと思います。

 

お隣の小針駅は、大手スーパーはありませんが、ローカルなスーパー、ホームセンターの他、コンビニもいくつかあります。新潟駅まで15分ほどで出ることができます。
新潟市というと冬は大雪になると想像しがちですが、市内中心部は雪かきが必要なほど雪が積もることはほとんどありません。が、車がない場合は、冬に備えて駅から近い物件を探した方が後々便利だと思います。

電力自由化で電気料金は安くなるのか?

ここ数年でどんどん新規の電力会社が電力自由化の価格競争に参入してきています。そのため消費者としては自由にそれらの電力会社のなかから自分たちのニーズに合った新規電力会社を選ぶことができるようになりました。またそれぞれの電力会社も様々な電力プランを打ち出してきています。

 

これらの電力会社や電力プランをうまく組み合わせて選び最善の選択ができれば今までよりも電気料金が大幅に安くすることが十分に可能です。しかし、この電力会社選びやプラン選びを間違ってしまうと、いままでよりも電気料金が値上がりしてしまう可能性もあり、損をしてしまうことになるので注意が必要です。

 

電気料金を確実に安くしたいと考えるのでしたら、まず自分が住んでいる地域に参入している新規の電力会社のプランを一つ一つ丁寧に調べて行くことが重要です。ただ細かいプラン内容を1社ずつ情報収集するのはかなり骨の折れる作業ですから、電力会社のプランの一括見積もりサイトなどを上手に利用すれば居住地域の最安ねの電気料金プランを簡単に見つけ出すことができるのでおすすめです。

 

まだ電力自由化は始まったばかりなので、誰しもが新規電力会社に関しての知識もあまりありませんし、ほとんどの家庭が手探り状態のはずなので、あまり電気会社選びを急がず、ゆっくりと情報集めをするべき時期だと考えます。今後は、ますます新規参入会社と既存の東京電力などとの価格競争が激化してくることは間違いないので様子見をして損のない電気会社選びをしましょう。

マンションは、賃貸?分譲?

マンションを賃貸で借りるのか?それとも、思い切って購入するかと言うテーマは、永遠のテーマかも知れません。しかし、実際、自分が直面した際は、必ず、どちらかを決める必要がある重要なテーマです。

 

まず、賃貸のメリットは、毎月、決まった家賃を支払うだけでOKと言う点です。マンションが老朽化した場合でも、家賃以外に修繕費が必要になる事もなく、また、劣化による故障などの場合も、ほとんど、無料で修理が可能になっています。一方、分譲の場合は、これら賃貸では不要だった修繕費や故障に関する修理費用などは、すべて、積立又は実費となっており、経済的負担は大きくなってきます。

 

また、万が一、震災が起こった場合、賃貸だと全壊や半壊したしまった際は、新たな住居に移り住む事も簡単ですが、分譲の場合は、そう簡単な話ではありません。

 

これだけ聞くと、分譲マンションよりも賃貸マンションの方が断然、良いように思えますが、実際、分譲マンションの場合、ローンの完済と共に完全に自分のものとして、管理費のみなどで住み続ける事が可能です。また、賃貸マンションに比べると分譲マンションの方が、充実した設備のマンションや部屋が広い場合も多く、良い条件で暮らしていく事ができるメリットもあります。

 

そのような事から考え、今後、同じマンションに住む続け、また、設備の整った良い条件で暮らしたい場合は、賃貸では実現する事が難しい、分譲マンションならではのハイクオリティの環境をお勧めします。

マンションを借りるべき理由

マンションは、借りるべきだと思います。主な理由としては、現在の都心部のマンション価格が高いからです。少子高齢化にも関わらず、マンション価格が高いのは東京をはじめとする都心部だけです。

 

今後さらに日本の人口が減り、マンション価格が下がることは明らかなので今買うのは控えた方が良いです。また都心部では、アパートや賃貸マンションの建設ラッシュにもなっているため、家賃も今後下がると思われます。今無理に高値圏にあるマンションを買うのはやめておいた方が良いでしょう。

 

その他の理由としては、マンションを買うリスクが高すぎるからです。これまでの日本は、高度経済成長期だったこともあり安定した雇用がありましたが、現在は長期的に見ると低迷期にあるので安定的な収入を得ることが難しいと感じます。

 

また今後、IT技術の発展や産業ロボットの登場により、多くの人の雇用が奪われる可能性もあるため働ける場所も限られます。数千万もするマンションは、ゆとりのあるお金持ちの方だけが買うものだと思います。

 

一方の賃貸マンションでは、近隣トラブルや仕事の関係上で引っ越しを余儀なくされた場合に対応がすぐにできるので魅力があると感じます。特に近隣トラブルについては、マンションを買ってしまうと逃げる場所がなくなってしまうので賃貸が良いです。

 

また、巨額のローンのことを考えることなく生活ができるため落ち着いて生活ができます。ゆとりのある生活は、人生においてとても重要なことだと思います。

 

どうしたら不動産をなるべく高く売れるのか?

様々な事情により、今の住居からの引越しをせざるおえなくなっても、どうやって不動産を売却していいのかなんて事は、中々分かりませんよね?

 

もちろん、売るからにはなるべく高く売りたい。

ここでは、不動産をなるべく高く売却する流れを簡単に説明したいと思います。

 

まず、物件のおおよその相場を把握しておきましょう。
最終的には不動産業者に依頼することになりますが、売価交渉をするにあたり自分でも相場は把握しておいた方が交渉が有利に進められるかと思います。

 

情報の収集方法としては、インターネットサイトには幾つかの無料簡易見積もりサイトがあるので、これらを利用する方法もあります。
こういった見積もりサイトは複数の業者が見積り金額を提示するので、参考になるかと思います。

 

面倒であれば、近隣の住宅物件に関する広告チラシや、不動産業者の店頭に貼ってある広告等を見るのも参考になるでしょう。

 

次に、売却方法を決めます。
一つ目の方法は、「買取」。
これは不動産業者に直接買い取ってもらう方法です。

 

取引完了までの時間は後に説明する「仲介」より早く決着しますが、売価は仲介よりも低くなるのが一般的です。
もし、急いで売却する必要がないのであれば、もう一つの売却方法である「仲介」という方法で売却した方が、高く売れるはずです。

 

これは、不動産業者に買い手を探してもらい売却する方法です。買い手が現れるまでは売却できませんが、自分の納得できる価格で売却できるかと思います。

 

また、仲介依頼の方法には、一社の不動産業者に依頼する、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」と複数の不動産業者に仲介を依頼する、「一般媒介契約」があります。

 

前者の契約の場合、売買契約が成立すれば、依頼された業者には必ず仲介手数料が入りますが、後者の場合、せっかく広告費を掛けて買い手を探しても、他の業者の仲介により取引が成立してしまったら、仲介手数料が入ってこないので、やはり力の入れ具合が違ってくるようです。

 

どちらの契約方法を選ぶかは諸事情を鑑みて熟考された方がよいでしょう。
売価交渉の後、仲介業者が決まったら、不動産業者から登記簿謄本等必要な書類の提出依頼があるので、用意します。

 

最終的に買い手が見つかれば売買契約となります。不動産売却の一番のポイントは、「しっかりした、よい不動産業者を選ぶこと」ですので、業者は是非、慎重に選んでください。

引越しで不動産を手放す際に損をしない売り方のポイント

戸建ての家を持っていても何らかの理由で引越しを余儀なくされるケースというのは少なくありません。
そんな時は持ち家を売却して引越しをする事がほとんどだと思います。

 

しかし、家の売却などそうそう経験があるものではありません。
友人や親戚に尋ねても経験談を聞けないことも多いでしょう。
売却時に損をしないために売り方の重要なポイントをおさえましょう。

 

■売却方法は大きく分けて2つ

 

実は不動産の売却方法は2つあります。
1つ目は不動産屋が購入者を探して仲介してくれる方法です。
2つ目は不動産屋自体が買い取ってくれる方法です。

 

不動産屋が買い取ってくれる場合には早ければ2週間程度で売却が完了します。
その代わりに買取価格は比較的低めになってしまう傾向があります。

 

買い取った物件は売らなければ利益にならないためリスクを抑える意味でも高額買取は難しいという背景があります。

 

一方で仲介の場合は不動産屋はリスクがないため少額の仲介手数料だけで済ませる事ができるのです。
ただし、買い手を探すのに時間がかかる傾向があり半年程度かかる事も多いでしょう。

 

■どちらの方法で売れば良いのか

 

引越しなどで計画的に売却を出来る場合には仲介をしてもらうようにしましょう。
時間に余裕があれば間違いなく買取よりも高額で販売できます。
どうしても急いでお金が必要なケース以外では買取を選ぶべきではありません。

 

実際にいくらで売れるか、いつ売れるかというのはタイミングに左右されやすいため一概には言えません。
引越しの予定が決まったら早めに行動をした方が良いでしょう。

空き家の簡単な活用法

空き家として持っておくのは一番いけないことです。

不動産には固定資産税という税金が掛かってきます。

これは、住んでいるかどうか、誰かに貸したりして使っているかどうかを問わず課せられます。

空き家というのは一番もったいない状態です。

 

売却するのも、賃貸業に使うのも手続きが面倒と思っている方もいるかと思いますが、そういった方は子供に貸してみましょう。

メリットがいくつもあります。

 

まず、タダで貸しても贈与扱いにならないこと。

他人に対してタダで貸すとなると、贈与をしたものとみなされますが、子供であればそのようには扱われません。

加えて、相続税を課税される際、有利に働きます。

小規模宅地等の特例という制度をご存知でしょうか。

 

この制度は、被相続人が居住のために使っていた宅地についての評価額を大幅に減額するという制度です。

なんと最大で80%も減額されます。

被相続人の”とは書きましたが、実際は被相続人が生計を一にする親族に無償で貸し、その者が居住のために使っていた宅地も含まれます。

 

そのため、生計を一にする子供に無償で空き家と土地を貸せば、この制度の適用を受けることができます。

なお、無償とは言っても、固定資産税相当額をもらうくらいなら問題にはなりません。

子供に貸しても固定資産税は発生するので、それくらいはもらっても構いません。

 

とにかく一番いけないのは空き家のまま保有しておくことです。

売るのも、賃貸業に使うも良いです。

 

面倒なら子供に貸すのでも良いです。とにかく、そのまま保有しておくことだけは止めておきましょう。