空き家の簡単な活用法

空き家として持っておくのは一番いけないことです。

不動産には固定資産税という税金が掛かってきます。

これは、住んでいるかどうか、誰かに貸したりして使っているかどうかを問わず課せられます。

空き家というのは一番もったいない状態です。

 

売却するのも、賃貸業に使うのも手続きが面倒と思っている方もいるかと思いますが、そういった方は子供に貸してみましょう。

メリットがいくつもあります。

 

まず、タダで貸しても贈与扱いにならないこと。

他人に対してタダで貸すとなると、贈与をしたものとみなされますが、子供であればそのようには扱われません。

加えて、相続税を課税される際、有利に働きます。

小規模宅地等の特例という制度をご存知でしょうか。

 

この制度は、被相続人が居住のために使っていた宅地についての評価額を大幅に減額するという制度です。

なんと最大で80%も減額されます。

被相続人の”とは書きましたが、実際は被相続人が生計を一にする親族に無償で貸し、その者が居住のために使っていた宅地も含まれます。

 

そのため、生計を一にする子供に無償で空き家と土地を貸せば、この制度の適用を受けることができます。

なお、無償とは言っても、固定資産税相当額をもらうくらいなら問題にはなりません。

子供に貸しても固定資産税は発生するので、それくらいはもらっても構いません。

 

とにかく一番いけないのは空き家のまま保有しておくことです。

売るのも、賃貸業に使うも良いです。

 

面倒なら子供に貸すのでも良いです。とにかく、そのまま保有しておくことだけは止めておきましょう。