持ち家の支出はローンだけではありません

持ち家を持つか、賃貸物件を借りていく方が良いのかといったお悩みは多くの人が考えるところです。

答えは人それぞれ異なるところではありますので、自分が将来的に後悔しないように納得の行く結論を出すことがなによりも大切です。

妥協して選択をして、後からあっちが良かったと思っても後戻りができない場合もあります。

 

持ち家か賃貸かという選択ですが、私の場合は賃貸の方をおすすめします。

持ち家を購入するとなると、多くの人が長期ローンを組むこととなりますが、この負担が大きすぎるからです。

 

賃貸物件の家賃と同程度ならばローンを組んでしまった方が、のちのち自分のものとなるからお得と考える人もいますが、ローンには金利がかかりますし、固定資産税も別途費用になってきます。

 

この金額を考えると、最終的に支払う金額は賃貸物件の家賃とは大きく差がついてしまいます。

また、そうして何十年間ローンを支払った後に残る持ち家は既に経年により劣化しています。

 

このため、このときにリフォームが必要になることが多く、ローンが終わる頃にまとまった支出が必要になってしまうことも珍しくありません。
賃貸物件は古くなれば引っ越していつでも新しい家に住むことができます。

 

このため、賃貸物件をおすすめしますが、持ち家というのは賃貸にない愛着が湧くものですし、そうした点を重視されるのであれば持ち家も悪い選択ではありません。