持ち家の大きなメリットは資産化

今でももちろんそうですが、一昔前となれば、持ち家を持つということは一生に一度の大きな買い物であったと思うので、単純に持ち家と賃貸のどちらを選択するかということは、その時点で持っていて支払える頭金と月ごとに支払うローン返済額から、単純に割り出せたと思います。

 

しかし、現在は地価の下落やローコスト住宅を実施する会社の増加などにより、月のローン返済が賃貸の家賃並みですむということもあり、持ち家にするか賃貸にするかを悩むケースが増えてきています。

 

まず持ち家にするメリットとして、支払いが完済すれば「自分の資産」になるということでしょう。

 

公的な年金制度をみても、月額の収入が増えることはあり得ないと思うので、その中で家賃を払っていけるかどうかという点が、賃貸には永遠に続く大きな問題点といえます。

では持ち家のローンの支払いが終われば、何の心配もいらないのかというと、持ち家には「固定資産税」や家の補修代などのお金がかかってくる点は頭には入れておく必要があります。

 

しかし賃貸で、住宅ローンと同じ金額を毎月支払ったとしても、それは永遠に自分の物=資産にはならないことは大きいです。

では賃貸には何のメリットもないのかというと、持ち家のように維持費が家賃等に含まれているので、極端な例を除き、自分で維持管理する必要がないということや、子供が生まれた・転勤することになったなどのライフサイクルや生活の変化に、柔軟に対応できるという点があげられると思います。

 

自分の現時点での所持金や今後払い続けるローン等のお金の面や、ライフサイクルによって不都合が生じないかを検討したうえで、問題が無ければ、家賃と同等のローンを支払っていけば、最後には自分の資産になる「持ち家」の購入のほうがメリットが大きいと思われます。