持ち家・賃貸のメリット・デメリットを比較

持ち家と賃貸の選択は、あくまでも長期的な視点で考えよう。

 

持ち家と賃貸、どちらが得かという議論があります。

しかし個人的な状況の方が、より重要です。どのような理由で家を探しているのか、その人の現在の家族状況、仕事、収入、将来の人生設計などで、持ち家と賃貸どちらが適切かは変わります。

持ち家と賃貸、それぞれのメリット、デメリットを考えて、自分の状況と合わせて判断することが大切になります。

 

持ち家のメリット

 

持ち家のメリットは、ずっとその場所で(老後も含めて)暮らしていくという安心感があること、自分好みのスタイルや設備をつくれること、自分の所有物であるという満足感が得られること、などです。

賃貸と違って家賃を払わなくていいことをメリットにあげる人が多いですが、これは誤解です。

持ち家に住むと想定する期間にかかる費用を、同じ期間賃貸でかかる費用と比較するべきです。

ほとんどの人が住宅ローンを利用するのですから、金利分を含めたローンの支払全額を計算する必要があります。

ほかに取得時の手数料や、ずっとかかる固定資産税なども考慮します。

修繕費なども要るかもしれません。

日本の中古住宅は25年を経過すると資産価値はなくなるので、ローンを支払い終えたら資産になるという安易な考えは捨てましょう(土地の価値は残ります)。

 

持ち家のデメリット

 

持ち家のデメリットは、状況変化に対応できないことです。

家族が増えたり減ったり、転勤になったり、仕事が変わったり失業したり、収入が減ったり、といった変化に対応しにくいです。

家を売るというのは非常に手間がかかりますし、期待した金額で売れない可能性もあります。

状況が変わったのに住宅ローンを抱えたままだと、身動きしにくい場合があります。

 

賃貸のメリットとデメリットは、基本的には持ち家の逆になります。

 

賃貸のメリット

 

賃貸のメリットは、状況変化に応じて住み替えられることです。

家族状況、仕事、収入、将来の予定に合わせて、その時最適な住居に気軽に移れます。

ちょっと特殊な例ですが、隣人や周囲の環境が悪いときもすぐに引っ越せます。

多額の住宅ローンを組んで買った家の隣人が困った人だったり、近くに廃棄物処分場ができたり、天災で被害を受けたりすることは、持ち家のデメリットです。

 

賃貸のデメリット

 

賃貸のデメリットは、ずっと住み続けられるか不安な点(特に老後)、非常に長い期間同じ家に住む場合は総費用が持ち家より高くなる場合が多いこと、賃貸住宅の質が販売用の住宅より低いこと、などです。

 

まとめると、家は人生で一番大きな買い物でやり直しがきかないので、長期的な視点で選びましょう。

現在の状況と将来の予定を冷静に考え、持ち家と賃貸の費用をそれぞれ計算し、比較して判断しましょう。