中古住宅よりは賃貸の方がおすすめです

中古住宅を購入するのなら、賃貸の方がよいと思います。

住宅を購入すれば固定資産税やその他保険が掛かるのは勿論ですが、中古住宅ですと年数にもよりますが、住み始めて不具合があった場合には、すべて自分たちで修理の費用を負担することになります。

 

結局新築を購入するほどの費用が掛かってしまうこともよくあります。
その点賃貸は修理の必要はなく、ライフスタイルやライフステージに合わせて住み替えができ、土地に縛られないという利点があります。

 

子どもが思いの外増えてしまったけれど、買った家では部屋数が足りないということや、会社が倒産になって、その土地から離れないと条件に合う職場が見つからないということもあるかもしれません。

 

中古住宅なので、建築の時には希望が勿論反映されていないため、もっと自分たちの夢や希望を反映した家に住みたかったと後から後悔することもあるかもしれません。

賃貸ならもし諸事情で生活が苦しくなったときもより安い家賃の賃貸に住み替えが可能なので、しばらくは賃貸に住んだほうがよいと思います。

 

持ち家は家賃を払っているつもりでローンを払い、家も自分のものとすることが出来ますが、やはり修理などの思わぬ高額支出は予想外に発生することですので、ローンの支払いを圧迫しかねません。

もし購入を考えるのならば、賃貸に住みつつ貯蓄を増やして、新築を購入するのがよいと思います。

その間もし広い家に住みたいときは賃貸の一戸建てもあるので、充分快適に過ごすことが出来ると思います。

 

将来はもっと安く住宅を購入できる日が来るかもしれないので、情勢をみながらお金を貯めるのがよいと思います。

 

それでもやはり中古住宅がほしいときは、リホーム住宅がよいかと思います。

不具合は修理してあり、綺麗な状態で販売してもらえるので思わぬ支出はないです。