自分で管理するのが面倒なら賃貸もあり

持ち家と賃貸の差は、所有物になるかどうかの違いというのが最も大きいです。

賃貸の方は何年家賃を払っていても、いつまでも借り物のままですが、家を購入すればそれはその時点で自分の財産となります。

ですから長く住むつもりならば、持ち家の方が手元に残るだけ得ともいえますね。

後から大金が必要になった時にも、家があれば売ってお金をつくることもできます。

 

「家を若いうちに買っておくといい」といわれるのはそのためです。

とはいえ賃貸にも賃貸の、自分のものにはならないということを別の視点から見た、管理を自分でしなくてもいいという利点があります。

 

住居でトラブルが起きたときには、大家さんや管理人さんに対処してもらえるので、難しいことがないのです。

自分で修理会社に依頼したり、権利書とにらめっこしたり、近所トラブルに孤独に対応するということを、回避することが可能です。

 

借りている身分だといっても家賃さえ真面目に払っていれば、大家さんの都合でいきなり追い出されるということもありませんし、安定感はないわけではありません。

十分に設備が整ったところで、至れり尽くせりの状態で暮らす、そう考えれば賃貸も決して悪いものではありません。

 

賃貸であれば、何かあった場合に身軽に引っ越しができるのもいいところですね。

一生住んでいきたい場所があるなら持ち家が一番ですが、そうでなくあちらこちらと住居を変えてみたいのなら、賃貸を選ぶのは大きなメリットになります。