老後の安心は中古住宅!人付き合いの面なら賃貸マンション

私は住宅形態としてマイホームにも賃貸マンションもに住んだことがあります。

どちらが良いかと問われたら、今もまだ迷っている最中だったりします。

 

家賃の面を考えると中古住宅を購入したほうが自分のものになるし、家賃の浮く分を生活費に充てられるので、老後の資産的にも安心だなとも思っています。

中古住宅なら新築に比べて安く購入できるので、日々の生活費から貯金していけばある程度の年齢までには一括で購入できる資金も出来ます。

そうなれば住宅ローンの審査の心配も必要ありません。

 

とにかく住居は「老後中心に考えなくては」と私は思っていて、賃貸だと老朽化で建て直しと言われた場合、出て行かないといけなくなるかもしれません。

もしその時自分が高齢の場合すぐに動けるかなどと考えたら不安を抱えたままの生活になってしまうのも嫌なんですよね。

 

中古住宅などの一戸建てにも老朽化などに対応しなくてはならないメンテナンスも必要かと思いますが、その金額や業者タイミングも自分で選べますので、そういう自由なところもいいですよね。

 

こうやって書いていると中古住宅のメリットの方が多い感じですが、賃貸の良いところを挙げるなら、町内会の関わりが少ないところでしょうか。

人付き合いが苦手な人にとってはこれが最大のメリットになると思います。

 

実際、私が住んできたマンションでは回覧板が回ってくるのみでした。

ただしこれは地域によるところが多いので、賃貸契約の前に不動産屋さんに聞いてみましょう。