違いは資産の有無!住居タイプは価値観や暮らし方によって選ぶべき

自分たちが安心して暮らせる住まい探しは、毎日を健やかに過ごすためにはとても重要なポイントですね。

 

中古住宅の購入か賃貸アパート・マンションにするかで迷ったときには、ぜひ自分たちがどのように暮らしたいか、先々どのようになるかのビジョンを考えることが重要です。

すなわち個々のライフスタイルや価値観に大きく左右される問題です。

 

中古住宅の特徴

 

中古住宅のメリットとして、住宅ローンの返済など支払さえ終ってしまえば「資産」となる点です。

賃貸の場合、毎月の賃料は支払うばかりで資産にはつながりません。

 

ですが、持ち家を持つと、町内会などの自治会での負担や役割を担う必要が出てきたり、中古住宅でメンテナンスが必要となった時には自分で修繕しなければいけません。

また火災保険や税金などの負担もかかります。

 

賃貸アパート・マンションの特徴

 

逆に賃貸アパートやマンションの場合、中古住宅のような経済的な負担や精神的な負担は大幅に軽減されます。

ですがそのかわり、いくら家賃を払っても「資産」にはなりえません。

 

また住宅のメンテナンスを自分でしなくてもよいし、地元の自治会等との関連も希薄になります。

さらに自分たちの気分や好みに合わせて自由に住み替え出来る点も賃貸物件の大きなメリットと言えます。

 

負担が増えても「資産」を持ちたいなら中古住宅がおススメですし、身軽に転居したい方や毎月の賃料以外の負担は好まれない方は賃貸アパートや賃貸マンションがおススメです。