アパートとマンション両方住んだことがある私は断然持ち家派

持ち家と賃貸でしたら、私は断然持ち家派です。

自分自身はまだ持っていませんが実家はやはり持ち家です。

 

田舎に住んでいるせいもありますが周りでも持ち家の方が多いです。

子供が小学校に上がる前に家を建てる夫婦が大半のようです。

転勤が多い人や都内在住の方ではない限り、私はやはり持ち家をお勧めします。

 

私は一人暮らしの経験があり、アパート、マンション暮らしもどちらも住んだことがありますがそれでも絶対持ち家派なのです。

持ち家のメリットは全部が自分の物ということです。

 

大家さんによってはかなり細かくルールがありますが自分の家でしたら何をしても自由なのです。

これは些細なことですが壁に穴を開けることも出来ます。

そして何より、音に悩まされません。

 

日常生活の音というものは結構響くものです。

大学生の頃にアパート暮らしをしていましたが騒音の関係で注意される子は周りにもたくさんいました。

皆、真面目な子達で友達を数人呼んで食事会程度の集まりだったのですがそれでもアパートの場合はかなり響くようでした。

 

私も同じようなことで注意されたことがあります。

そして、私もうるさいなと思ったことがあるのですが結局言うことはできませんでした。

 

家族ならすぐに注意できますが他人となると、そうは注意できません。

皆、我慢に我慢を重ねてしまうのだと思います。

そのため、騒音問題で事件になったケースもたくさんあります。

 

アパート、マンションはきちんとルールを守ってくれる人達が住んでいるのかどうかが鍵だと思います。

この点はマンションだと、少しはマシなようです。

 

持ち家のデメリットももちろんあります。

例えば、地域の付き合いです。

これは住んでみないと地域によって異なりますので分かりません。

 

共働きの夫婦ですと、大変だという声も聞いたこともあります。

また、田舎の場合は視線を感じることも多いです。

 

ドライな都会の人と違って、干渉されたり、チェックされたりということもあります。

そのようにどちらもメリット・デメリットがあるかと思いますが私は断然持ち家です。

お庭もあるし、のびのびできて最高に楽です。