精神的に楽なのは賃貸!働いている仕事に合わせて居住形態を決定

家族の居住形態は、一家の大黒柱の仕事内容に合わせて決めることになります。

新居を購入した途端に転勤を命じられ単身赴任を選択するしか無いというケースもあるため、転勤がある仕事なのかが大きなポイントです。

 

自営業を含め本社のみで勤務するなら中古住宅を購入した方が将来にわたって安定していますし、海外など支社がある会社なら賃貸のアパートやマンションを契約した方が身軽でいられます。

 

もちろん住宅を購入した場合に転居時のみ他の人に貸し出すということもできますが、家財を一度運びださなくてはならないなど様々な苦労があることも覚悟をしなくてはなりません。

費用面からすると中古住宅を購入した方がお得と思われがちですが、マンションなどの場合は管理費を支払ったり改築費用が必要となったりするケースもあるため、物件選びが重要となります。

 

賃貸の場合も管理費等は必要ですが、家賃の値上げが実施されるのであれば転居してしまえば良いのです。

何度か引越しを繰り返していれば、夫婦の持ち物や家財などの量が分かってきますので、引越し費用も含めた上で転居を検討することが可能になります。

 

費用面に大きな差がないのであれば、人生何が起こるか分かりませんし地震大国である日本においては絶対に心配がないという土地は少ないことと、隣人トラブルなどの心配を日頃から抱えているのであれば、精神的にも楽な賃貸アパートやマンションを契約した方が合理的と言えます。