儲かる?損する?ライトコインの将来性

ライトコインはビットコインのソースを改良することで誕生した仮想通貨の一つです。その特徴としては、発行量がどの仮想通貨よりも多いことが挙げられます。
また、ライトコイン以外にも様々な仮想通貨が流通しており、どの通貨が将来性があるのでしょうか。

 

本家本元のビットコインは佐伯ビックカメラなどでも取り扱い瓦解したように国内外の大手企業が扱い始めました。このことから、仮想通貨の価値が非常に認知されてきていると言えます。

 

ではライトコインの将来性はどうでしょうか。
ライトコインはビットコインとほとんど同じ特徴を持っています。しかし、ビットコインが1枚あり非常に価値が高い一方で、ライトコインは1枚あたりの価値は低いが、発行量がたくさんあるという特徴を持っています。そのため、ビットコインよりも普段の日常使いにおいて使いやすい仮想通貨だと言えます。

 

また、ライトコインは現在仮想通貨の時価総額4位の仮想通貨です。
今後、仮想通貨市場はさらなる盛り上がりを見せると期待されています。そのため、ライトコインも仮想通貨市場全体の流れに乗り、通貨の価値が上昇すると考えられています。

 

また、仮想通貨には相場の波があります。
例えば、発行量が半減する半減期というものが仮想通貨にはあり、それで発行枚数をコントロールしています。この半減期が近くなると、翌年から仮想通貨の発行量が減り、1枚あたりの価値が上がるため、仮想通貨の相場が上がるという法則があります。

 

このように仮想通貨には仮想通貨の法則があります。