新たに岡山県に住まうならやはり南部瀬戸内エリアに絞って

山陽地方でも広島県と並んで気候も風土も穏やかで、一般的には暮らし易い条件が揃っているとも言える岡山県。

ただその経済活動やそれに伴う人や物の移動は圧倒的に南部の瀬戸内海に沿った平野部エリアに偏っているのが現状であり、新たに岡山県に住まいを確保したい場合においても、日々の生活や交通面における利便性に優れたそれらのエリア内からロケーションを選ぶのがベストに違いありません。

 

具体的には県庁所在地で最も市街地が発展した岡山市周辺からJR山陽本線、あるいは国道2号に沿って東西に発展する各都市やベッドタウンがその候補として挙がってくるでしょう。

 

歴史ある街並みが上質感を漂わせる倉敷市は治安も良く、最近になって大規模ショッピングモールが幾つも進出する等生活利便性も大きく向上しつつあり注目。

また高梁川を挟んで市の西方に位置する新倉敷エリアは、山陽新幹線の新倉敷駅があり出張にも便利な他、整然と整備された駅中心街には様々な商店やサービスが集中しており、こちらも生活の拠点として大きな利便性を発揮してくれる筈です。

 

また県東部の赤穂市も岡山市中心部だけでなく姫路を始め兵庫県方面への通勤アクセス利便性を確保している上、瀬戸内海に面したエリアにはレジャースポットもあってオフを充実させる事が出来るでしょう。

 

ちなみに県内で最も発展し生活利便性も高い岡山市内であれば、現在新たに住宅街の開発が進み周辺の自然環境にも恵まれた東岡山駅周辺エリアが落ち着いた生活を営めるでしょう。