マンションは、賃貸?分譲?

マンションを賃貸で借りるのか?それとも、思い切って購入するかと言うテーマは、永遠のテーマかも知れません。しかし、実際、自分が直面した際は、必ず、どちらかを決める必要がある重要なテーマです。

 

まず、賃貸のメリットは、毎月、決まった家賃を支払うだけでOKと言う点です。マンションが老朽化した場合でも、家賃以外に修繕費が必要になる事もなく、また、劣化による故障などの場合も、ほとんど、無料で修理が可能になっています。一方、分譲の場合は、これら賃貸では不要だった修繕費や故障に関する修理費用などは、すべて、積立又は実費となっており、経済的負担は大きくなってきます。

 

また、万が一、震災が起こった場合、賃貸だと全壊や半壊したしまった際は、新たな住居に移り住む事も簡単ですが、分譲の場合は、そう簡単な話ではありません。

 

これだけ聞くと、分譲マンションよりも賃貸マンションの方が断然、良いように思えますが、実際、分譲マンションの場合、ローンの完済と共に完全に自分のものとして、管理費のみなどで住み続ける事が可能です。また、賃貸マンションに比べると分譲マンションの方が、充実した設備のマンションや部屋が広い場合も多く、良い条件で暮らしていく事ができるメリットもあります。

 

そのような事から考え、今後、同じマンションに住む続け、また、設備の整った良い条件で暮らしたい場合は、賃貸では実現する事が難しい、分譲マンションならではのハイクオリティの環境をお勧めします。

マンションを借りるべき理由

マンションは、借りるべきだと思います。主な理由としては、現在の都心部のマンション価格が高いからです。少子高齢化にも関わらず、マンション価格が高いのは東京をはじめとする都心部だけです。

 

今後さらに日本の人口が減り、マンション価格が下がることは明らかなので今買うのは控えた方が良いです。また都心部では、アパートや賃貸マンションの建設ラッシュにもなっているため、家賃も今後下がると思われます。今無理に高値圏にあるマンションを買うのはやめておいた方が良いでしょう。

 

その他の理由としては、マンションを買うリスクが高すぎるからです。これまでの日本は、高度経済成長期だったこともあり安定した雇用がありましたが、現在は長期的に見ると低迷期にあるので安定的な収入を得ることが難しいと感じます。

 

また今後、IT技術の発展や産業ロボットの登場により、多くの人の雇用が奪われる可能性もあるため働ける場所も限られます。数千万もするマンションは、ゆとりのあるお金持ちの方だけが買うものだと思います。

 

一方の賃貸マンションでは、近隣トラブルや仕事の関係上で引っ越しを余儀なくされた場合に対応がすぐにできるので魅力があると感じます。特に近隣トラブルについては、マンションを買ってしまうと逃げる場所がなくなってしまうので賃貸が良いです。

 

また、巨額のローンのことを考えることなく生活ができるため落ち着いて生活ができます。ゆとりのある生活は、人生においてとても重要なことだと思います。