どうしたら不動産をなるべく高く売れるのか?

様々な事情により、今の住居からの引越しをせざるおえなくなっても、どうやって不動産を売却していいのかなんて事は、中々分かりませんよね?

 

もちろん、売るからにはなるべく高く売りたい。

ここでは、不動産をなるべく高く売却する流れを簡単に説明したいと思います。

 

まず、物件のおおよその相場を把握しておきましょう。
最終的には不動産業者に依頼することになりますが、売価交渉をするにあたり自分でも相場は把握しておいた方が交渉が有利に進められるかと思います。

 

情報の収集方法としては、インターネットサイトには幾つかの無料簡易見積もりサイトがあるので、これらを利用する方法もあります。
こういった見積もりサイトは複数の業者が見積り金額を提示するので、参考になるかと思います。

 

面倒であれば、近隣の住宅物件に関する広告チラシや、不動産業者の店頭に貼ってある広告等を見るのも参考になるでしょう。

 

次に、売却方法を決めます。
一つ目の方法は、「買取」。
これは不動産業者に直接買い取ってもらう方法です。

 

取引完了までの時間は後に説明する「仲介」より早く決着しますが、売価は仲介よりも低くなるのが一般的です。
もし、急いで売却する必要がないのであれば、もう一つの売却方法である「仲介」という方法で売却した方が、高く売れるはずです。

 

これは、不動産業者に買い手を探してもらい売却する方法です。買い手が現れるまでは売却できませんが、自分の納得できる価格で売却できるかと思います。

 

また、仲介依頼の方法には、一社の不動産業者に依頼する、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」と複数の不動産業者に仲介を依頼する、「一般媒介契約」があります。

 

前者の契約の場合、売買契約が成立すれば、依頼された業者には必ず仲介手数料が入りますが、後者の場合、せっかく広告費を掛けて買い手を探しても、他の業者の仲介により取引が成立してしまったら、仲介手数料が入ってこないので、やはり力の入れ具合が違ってくるようです。

 

どちらの契約方法を選ぶかは諸事情を鑑みて熟考された方がよいでしょう。
売価交渉の後、仲介業者が決まったら、不動産業者から登記簿謄本等必要な書類の提出依頼があるので、用意します。

 

最終的に買い手が見つかれば売買契約となります。不動産売却の一番のポイントは、「しっかりした、よい不動産業者を選ぶこと」ですので、業者は是非、慎重に選んでください。